クレール歯科医院からのお知らせ

小児歯科

  • TOP>
  • 小児歯科

お子様の治療はこわくない・痛くない歯医者さんで

「歯医者さんは痛い」「先生がこわい」……。お父様、お母様も子どものころに歯医者に対してそんな印象を抱いていたかもしれません。しかし、親御様がネガティブな印象を持っていたら、子どもが歯医者嫌いになったとしても当然です。

三鷹台の歯医者「クレール歯科クリニック」の小児歯科では、こわくない・痛くない治療の提供に努めています。お子様が小さいうちは歯医者の雰囲気に慣れず、はじめはうまく治療ができないかもしれません。当院では、一人ひとりのお子様のペースに合わせた治療を行っています。

また、お子様の治療の負担を軽減し、お口の健康を維持するためには、日ごろの予防が大切です。当院では悪くなる前の予防に力を入れており、症状が悪くなる前の未然の対処を心がけています。

上記の文の右側に下記の画像の挿入をお願い致します。

子どもの歯の治療・予防処置の重要性

「乳歯はいずれ生え替わるから、虫歯になってもかまわない」とお考えの親御様もまれにいらっしゃいます。しかし、乳歯はお子様の身体の成長や永久歯への健やかな生え替わりを導く重要な役割を担っています。乳歯の健康を守ることは、長期にわたるお口の健康維持につながるのです。

また、乳歯は永久歯よりもやわらかく、虫歯になりやすく、さらに一度かかると進行も早いのも特徴。放置すればどんどん悪化し、さらに生える前の永久歯にまで悪影響を与えることがあります。

大切なのはまず乳歯が虫歯にならないよう予防することです。そして、もし虫歯ができてしまったときには、放置せずできるだけ早く適切な治療を受けることだといえるでしょう。

子どもの虫歯予防について

子どもの歯を虫歯から守るには、毎日のケアや正しい生活習慣を送ることが重要です。子どもは、まだ自分では正しい判断ができないだけに、お子様のお口の健康維持には親御様の意識が重要といえます。以下のことに注意し、予防の習慣を身につけるようにしましょう。

年代別の予防のポイント

子どものお口の中は、成長によってめまぐるしく変化します。予防は年代に合った方法で進めていくことが大切です。

0~3歳ころ 4~6歳ころ
0~3歳ころ 4~6歳ころ
歯が生えてきたら、親御様が歯みがきをしてあげてください。また、歯科医院でフッ素塗布を受ける習慣をつけましょう。 自分でしっかり歯をみがく習慣をつけてあげましょう。親御様の仕上げみがきも、忘れずにしてあげてください。
7~12歳ころ 13歳ころ~
7~12歳ころ 13歳ころ~
定期的に歯科医院に通い、専門的なクリーニングやフッ素塗布を受け、虫歯を予防しましょう。 近年ではお子様の歯周病が増えています。定期検診を欠かさず、歯とともに歯ぐきも守りましょう。

box

お子様も予防処置に通いましょう

歯科先進国である欧米と比較し、「日本人の子どもは虫歯が多い」といわれていることをご存じですか? その要因になっているのは、予防処置に通う習慣があるかないかの差によります。欧米では、「虫歯になってから」ではなく「ならないために」歯医者に通うことが当たり前になっているのです。

虫歯は、「歯みがき不足」「甘い物ばかり食べる食生活」のような要因だけでなく、一人ひとりの体質や生活環境などさまざまな要因が重なり発症します。適切な予防を行うためには、専門家の指導が欠かせません。

もし親御様が自分の虫歯でお悩みなら、お子様に同じ思いはさせたくないですよね。お子様が大人になってからもお口の健康を維持できるよう、小さいころから予防として適切な予防処置を受けさせてあげてください。

クレール歯科のお子様へのケアについて

当院ではお子様に楽しく通院していただけるよう、以下のことに配慮しています。

親御様の同席

親御様の同席

当院ではお子様の治療に、親御様に立ち会っていただくことができます。不安がっているお子様と無理に引き離すことはありませんので、ご安心ください。

治療前のトレーニング

治療前のトレーニング

当院ではお子様にいきなり治療を行うことはありません。まず診療室の雰囲気に慣れてもらえるよう、トレーニングを行っています。

治療後のごほうび

治療後のごほうび

治療後には、お子様にがんばったごほうびをさし上げています。

キッズスペースの完備

キッズスペースの完備

待ち時間に退屈しないよう、おもちゃや絵本をそろえたキッズスペースを完備しています。自由にご利用ください。

お子様の予防処置

当院ではお子様に対し、以下の予防メニューをご用意しています。

歯みがき指導

歯みがき指導

予防は正しい歯みがきからはじまります。当院では日ごろの歯みがきのクセを正し、一人ひとりに合った正しいみがき方を指導しています。親御様にも仕上げみがきのコツなどをお教えしますので、わからないことがあればお気軽にご相談ください。

シーラント

シーラント

奥歯の咬む面には深い溝があり、そこに汚れが溜まることで虫歯を発症します。そのため、あらかじめ溝をレジン(歯科用プラスチック)で埋め、虫歯を予防する処置がシーラントです。6歳臼歯や、生え替わったばかりの永久歯の奥歯におすすめです。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素は、歯の表面のエナメル質に作用し、虫歯菌が出す酸から守る力があります。そこで定期的に歯の表面に塗布することで、虫歯になりにくくすることができるのです。歯が生えはじめたときから、定期的に処置を受けることが大切です。

くわしくは予防処置のページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る